ぎくしゃく

5.19

77.8

 

落ち込んでいたらTが頭を撫でてくれた。照れたけど、嬉しかった。

 

 今日の放課後はすごくぎくしゃくしていた。

あるKという男子がTに喧嘩をふっかけた感じだ。

Kとしては、自分の彼女、つまり陽キャがこちらがわ、陰キャと仲良くできないのを気に病んでいることがムカつくらしかった。

 

「まあいざとなれば?お前ら全員ボコしてこの学校から追い出せばいい話なんだけど?」

こう言われて、私は正直ふざけんなと思っていたが、

TはもともとKと仲がいいしこれからも仲良くしたかったようなので特に無反応。

すると、Kは机を蹴ったりして煽っていた。

 

なんかそれ見ていたら悲しくなってきちゃってさ。

何なんだろうと思って。めんどくせえなって。

こんなたった15人の中で、どうして仲良くさえできないんだろうと思って。

私もTと別れたら来づらくなるんだろうなとか、色々考えてしまって。

こんな小さい中で争ってる僕らが、どうして社会に出てやっていけようか。

 

泣いてしまった。

 

Tが心配そうにこちらを見ているのがわかった。

ありがたかったけど、何も答えられなかった。

 

結局その後ふたりは教室を出て行った。

Tによると何にもなかったらしい。喧嘩したわけではなく。特に何も。

 

 

ここから先はすごく私の身勝手な意見になるんだけど。

私はTが陽キャと仲良くするのをそんなに快く思っていない。

快く思わないというか、遠くに行ってしまったような気がするんだ。

向こう側には元々Tが好きだったMもいることだし、そりゃ嫉妬もする。

 

これを書いてて自分で嫌になった。