読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽と陰

5.17

77.1

 

陽キャと陰キャのバトルが勃発している。

もともとは、今日、Tの一つの行動から始まったのだ。

私にグループラインの画面を見せてきたT。

そこには、

「さっきのカップルの会話やばかった」

と書いてあった。

私はその時間カウンセリングで別室にいたので、まったく状況がわからなかったので、「そうだったん?」

と言うと

「マジでやばかったからね!?うるさいのなんのって」

と言い始めた。

もう先生もぎょっとこっちを見て、何事だという顔をしている。

周りの生徒もこちらを見てなんだなんだという雰囲気だ。

 

そこから、Tの不満が少し溢れた。

 

Tによると、仲の良いのはまったくもって構わないのだが、授業中にも関わらず喋りまくっているのが気に入らないらしかった。

Tはそのカップルの真ん前で、ダイレクトにその声が耳に入る。

そりゃ授業にも集中できないだろうなと、すこし私は同情した。

先生は「わかったわかった」と言っていたが、Tの不満は収まらない。

 

すると、そのカップルと仲の良い別の陽キャが私たちに向かって言った。

 

「お前たちがガキなんだよ、一々気にすんじゃねえよそんな事」

 

これにはさすがに「はぁ?」だった。

授業中に話すのは明らかに悪いことだろうと。

思ったが、私がそんなこと言い出したら火に油を注ぐだけなのでやめた。

でも、私が喧嘩っ早かったら言い返していただろう。

もちろん、暴力になれば相手は男子なんだから勝てるはずもないのだが。

 

それはそのカップルがいない間の出来事だったので、まあ大丈夫かなと思っていた。

しかし、明らかにこれは気づいているなと思ったことがあった。

 

Tが帰った後、そのカップルの女子の方が

「・・・ぶちぎれる寸前だったわぁ」

とぽつりつぶやいたのだ。

ひぃぃと思ったね。こっわと。

Tの身を案じた。

 

まあ、私は陰キャだし、Tの味方である。これを書くのもあれだけど。

授業中にしゃべるのは前々から悪いと思っていた。

 

でも、やっぱり相いれないものなんだと思う。

陽キャと陰キャ、陽と陰というものは。

陽キャクラスと陰キャクラスでわければいいのに。

そうすれば、何事も起きなくなるのに、と思うけどそれじゃ社会性が伸びないんだろうな。

ムカつくことも多いし、きっといつか私の不満も爆発するだろう。

陰キャっていうのは、多分陽キャよりは人とかかわるのが苦手だ。

この、狭い学校の中でさえ。

だからそれを鑑みて、陽キャが少し大目に見てくれればいいのだが。

前、Tがごめんねと陽キャに陳謝したことがあったが、あんまり私がわって入るのもあれかと思うので今回はやめておく。

一度ぶつかればいいのだ。そうすれば、意外にいい結果になるかもしれない。

まあ、向こうには支えてくれる人がいる。

Tも、私たちが支えてやればいいんだと思う。

 

・・・しかし陽キャと陰キャの溝が深い。