精神病院入院生活十二日目。迷うぐらいなら

4/2

外出から帰ってきた。

なんだか落ち着かなくって、二十二時ぐらいまでフラフラ徘徊していた。

とてもそわそわして、部屋に戻りたくなかった。

周りの児童も不穏で、一緒に歩いていたんだけど、やっぱりそういう子が集まってする話と言えば、「どうやったら死ねるかな」っていう話だった。

 

周りを見渡す。

 

未遂だって起こった。やろうとすれば、きっとできる。

そう思うけど、やっぱり迷う心が大きかった。

 

迷うぐらいならやった方が良いことはたくさんあるけど、自殺はどっちなんだろう

この小さい世界の中で、死ぬ方法を探す僕らは、どれだけ世界からみて滑稽なんだろう

 

死にたい。

落ち着かない。

 

今日はもう寝よう。

周りの人ももう寝ている。

安らかに眠るみんなの顔は、かわいらしいほど憎らしかった。