読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

申し訳ありません、ごめんなさい、すみませんでした。

2/17

この言葉たちほど便利なものはない。

どんなときでも使えるし、どんな感情でもこめられる。

ただこの言葉たちほど、重ねると軽くなっていく言葉もないと思う。

 

ただ申し訳ないと思った。許してほしいと思った。

いつも私はそうだ。気づいた時には時すでに遅し。なにもできなくなっている。

人の信用と、傷のない背中は、もう二度と取り戻せないのだ。