読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大好き大好き殺したいって!

2/19 これは今週のカルテットのセリフだ。 あるキャラクターが、愛のある夫婦の末路について言ったセリフだ。 私も実はこれなのかもしれない。自分が大好きだから、自分を殺したいのかもしれない。 ずっとずっと、自分のことが大嫌いなんだと思ってきた。事…

あやまる。

あやまれば逃れられる。そう思って今まで過ごしてきた。 職員室の前で土下座をした。教室で土下座しろと言われた。トイレで土下座した。 屈辱とか、そういうものじゃなくて、怖いとか早く終わらないかなあとか 涙が止まらないかなあとか、授業間に合うかなあ…

申し訳ありません、ごめんなさい、すみませんでした。

2/17 この言葉たちほど便利なものはない。 どんなときでも使えるし、どんな感情でもこめられる。 ただこの言葉たちほど、重ねると軽くなっていく言葉もないと思う。 ただ申し訳ないと思った。許してほしいと思った。 いつも私はそうだ。気づいた時には時すで…

自棄。

今猛烈な自己嫌悪に陥っている。 なんでこう私は、人の好意とか善意というものを踏みにじってしまうんだろう。 もうなんか、何もかもがどうでも良い。いつもこればっかり言っているが。 僕は、周りに振り回されすぎているんだろうか? 人の一挙手一投足に、…

中学校

中学校に遊びに行った。 同級生二人と行ったのだが、二人ともからだばかりで書くなって中身が変わってなくて、ちょっと安心したような、でも少し笑ってしまった。 久しぶりにこいだ自転車は、入院によって基礎体力が削られた僕にとって大変な運動だった。 久…

男女間

2/14 今日はバレンタインだ。日本では、女性が男性にチョコを贈る日だ。 まあそんなこともあるので、今日は男女間について考えたことをぼーっと書き連ねたいと思う。 私は、男と女では違う生き物なんじゃないかというほど考え方がいがうと思う。 恋愛がいい…

今日も明日もあさっても

死にたい。 死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい。 なんで僕はいつでも人に迷惑しかかけられないんだろう。 なんで私はいつも人の好意を無碍にしてしまうんだろう。 なんで私はいつでも人に笑われる側なんだろう。 なんで私はこんなに生きることに向い…

みぞみぞ

2/12 自分が落ち込んでいる、不安定になっていることを察する方法がわかった。 寒気がするのだ。いや、ただの風邪ではなく。 某キャラクター風にいうと、みぞみぞする。背中がぞわぞわしてくる。 鼻筋の両脇ぐらいがむずむずして、涙がこぼれそうになる。 今…

帰路

帰ってきた。 帰ってきてから今までは特にこれといったこともなかったので、今回の旅の帰路について書きたいと思う。 西安から日本までは、本当にあっという間だった。 バスの中でパンをかじり、ガイドと分かれて飛行機に乗った。 飛行機でとなりの席になっ…

西安

2/10 中国とは、西安とは、不思議な町だった。 西安は一周囲を城壁で囲まれている。その古びた城壁や台がんとうなどと、高層ビルが両立されている町だ。昔と今、それが混濁した町。 西安は十なんとかぐらいの朝廷の都となった、日本でいう京都のような町だ。…

終わりました、とWi-Fi

2/9「終わりました」ガイドが、目的地を見終わるたびに言うその言葉が、僕には非常に安心感を与えた。疲れたがだんだんと滲んでくるような感覚と、また一行程無事終えることができたという安堵が僕を包む。入院でなまった私の体には、このハードな旅はなかな…

遠いところ

旅行中の日記まとめてアップします2/8なんでこんなところに来てしまったのだろうと思う。流れに身を任せていただけで、とんでもないところまで来てしまった。始めて来たこの場所は、非常に刺激にあふれている。知らない人、知らない言葉、知らない空。全てが…

相反する二つの感情。

※この記事はドラマカルテットのネタバレが多少含まれますが、ほとんど関係のないこ となのでご存じない方でもご覧になれるとは思います。怖い方は見ない方がいいかも。 カルテットの中で、高橋一生さんが泣くシーンがある。 かくいう私も今日は泣いてばかり…

退院。

退院した。 一週間とはいえ、いか月前には三か月近く入院していたところだ、名残惜しい気も僅かにあったが、看護師にも言われたように「ここは私のずっといる場所ではない。」。私の居場所のように、勘違いしてはいけないと思った。 あそこは優しい。いろん…

嫌いな人。

友達とカラオケに行った。僕は歌が極度に下手なので笑われたら嫌だなあとか考えながら歌っていたのだけれど、その友達はとても歌が上手だったからかすみすぎて見えなくなっていた。だから逆に好都合だった。さて、その友達が「君が嫌いだ」みたいな歌を歌っ…

カメラに負けた(最初から飛ばしすぎ)。

「ブログを作ってみよう?」 この言葉を最初に主治医から言われたのは、もう結構前になると思う。正直ブログなんてたいそうなものを書くほどの毎日も考えも持っていないし、続ける根気があるかと言われたら答えは間違いなくNOだから、最初はあまり乗り気では…