20170709

7.9

今日はずっとTと話していた。

 

ほぼ初めて恋愛というものをしたわけだけど、あまりにうまくいきすぎてびびっている。

わたしは控えめに言ってもどクズで、ゴミで、カスだ。

取り柄0。

 

だから正直、彼が私のことを好きだとは思っていない。

わたしのことなんて殺したいぐらいに思って至って不思議はないし、

こんなゴミなんて消えて当然だと、心の中で罵られているだろう。

 

でも、それだって構わないのだ。

 

私が彼のことを好きで、彼も、本心じゃないとしても、好きと言ってくれて。

仮にも「付き合っている」という状況で、それを周りも認めていて。

 

それがすごく嬉しいのだ。

軽く「こんなに人を好きになったのは初めて!」とか言うつもりはないけれど。

好きすぎて死にたいと思う。

 

彼の人生の障害になりたくない。

彼のためだったらいくらだって命を差し出せる。

 

いやむしろ差し出したいと思う。

 

こうしてみると、改めて私という人間は意外と平凡なんだという事を感じさせられる。

私が普通に人を好きになって、普通に付き合って、普通に苦しんでいるという事実に驚く。

 

 

 

いいのかな。

 

 

 

こんな人間だ。

精神病院の端っこで、片隅で、うずくまっているのがお似合いのような人間だ。

クズだ。

社会の底辺だ。

 

そんな資格あるのか?私に?

 

こんな気持ち悪くて、汚くて、臭くて、罵倒されるべき私に?

 

 

 

あるわけない。

 

 

 

死ぬべきだ。私なんて。

消えるべきだ。

一番障害になりたくない人の障害にしかなれない。

死にたい。

死んでしまいたい。

 

 

なんで私はこんなのなんだろう。

すごく好きなのに、どうしてうまくいかないんだろう。

 

最初はサイダーみたいに透明だったはずの恋が、

どうしてコーラのように先行きさえ見えなくなってしまったんだろう。

 

嫌われたくない、嫌われたくない、嫌われたくない。

 

 

愛されたい、褒められたい、その一心だった。

でもそれが、どんどん狂っていって。

だれかのせいにして逃げたかったけど、どうすることもできなくて、

結局いたのは死にたい、消えたいの自分だけだった。

 

こんなの、愛してもらえるわけないよね。

 

20170708

7.8

今日はTとほかの子と遊んで、それから七夕まつりに少し顔を出した。

夏だなあって感じがした。

⊂( ・ω・ )⊃

7.2

 

今日はまあ、デートだった。

スゲェ楽しかった。

可愛かった。

カラオケに行って、ずっとワーワーしていた。

 

でもなんか、今は死にたい、

じぶんなんか、ふさわしくないのだ。

 

あの子の手首の傷は私のせいだ。

あの子の手首を汚したのは私だ。

 

あの子の人生で、私は何を与えられる?

何も与えられないだろ。

 

私があの子に何を与えたよ。

何にも与えられなかった。

 

なのに私のことをまだ好きって言ってくれる。

こんなゴミだ。

ゴミ。

 

死にたい。

なんかかっこいい文章を考える余裕もない。

 

私は何もできなかった。

あの子のために死ぬぐらいしかできない。

死にたい。

あの子の人生を邪魔するしかできない私には、死ぬしかないのだ。

すごい好きだから。

 

201771

7.1

今日は検定と、塾の二本立てでお送りしました。

 

まず11時から塾に行った。

 

高校部だったので、大学受験の話が主だった。

そこで、個別指導の案内をされたら、母がその気になってしまって。

結局、同じ会社の個別指導をやっている別校舎にいくことになった。

 

二時半から検定。全経のワープロ検定だった。

結構な人数、15人ぐらいが受けていたが、私の受けた1級は3人。5分の1だった。

あとはみんな三級。ちょっと優越感があった。

 

まず、早打ち。

これはまあ余裕。何分か余ったし、確認する時間もあった。

次に文書作成。

これはヤバかった。

なんか初めての形式だったし。

全ての道が何故か斜めに走ってるし。

表の下になぜか文字入れなくちゃだし。最後の方に気づいたわ。

そして筆記。

よくわからないボタンの問題がでて、真っ青。

 

受かるか受からないか、五分五分ぐらいだ。

受かってるといいな、ぐらいの感覚でいようと思う。

結果がわかるのは29日。みなさんお楽しみに。

 

その後塾に行った。

 

元々習っていた人たちにもあえて、かなり嬉しかった。

 

「あなたの高校だと、一日3~4時間は勉強しないとやっていけない」

 

そう言われて、まあそうだろうなという自分と、無理だと思う自分がいた。

でも当たり前だ。私の高校なんて、就職する生徒もいるぐらいだ。

進学校じゃないのだ。

 

周りの、普通高校にかよっている生徒と同じ土俵にたたなくちゃいけない。

それが、どれだけプレッシャーのあることかという事を、わたしは理解していなかったのかもしれない。

 

すごい高いのだ、その塾の個別指導。

でも、親は通わせようとしてくれる。それがすごいありがたい。

期待に答えられるように、精一杯頑張りたいと思った、今日この頃でした。

2017630

6.30

六月も最終日だ。

 

今日は体育があった。

帰りのバスでは、Tが、隣の席じゃなかったからって怒っていた。

ガンを飛ばしていた。Mちゃんが怖がっていた。

 

なんか月曜に転入生が来るらしい。

今の時期に来るのも、中々緊張するんじゃないかなあとおもう。

なんとか私達がふぉろーしなくちゃいけないなあと思った。

20176.29

6.29

今日は元気があまりなく、自称がはかどっていた。。

が、Aさんが話しかけてくれたので元気が出た。

ありがたかった。

 

Aさんにはずっと嫌われているんじゃないかと思っていたので、はなしかけてくれてすっごくすっごく嬉しかった。

ほんとに嫌われてると思ったから。安心した。

2017628

628

 

今日は疲れた。

今日は流石に疲れた。

もういやと思うことが多い。

アー