母へ。私を産んだことを恥じないでください。

鬱だ。またしても鬱だ。いつも鬱だ死のう死にたい死ねない死ねしか言っていない僕だが、もう本当死にたい。誰かどうにかしてくれ。それかいっそ殺してくれ。

痛くないのがいいなあ。高望みっていうのはわかってるけど。

やっぱODしてひと思いに逝くのが良いんだろうか。僕にはそれが最善の策と思えてならない。

本当に役立たず。穀潰し。気持ち悪い。寄生虫。害虫。死んでしまえ。

死んで死んで死んで。マジで。

こんなやつにはできるだけ酷い死がお似合いだって、頭ではわかってるんだけどね。

 

私は家事をしない。しなくちゃいけないのにしていない。

勉強もしていない。しなくちゃいけないのにやる気が出ない。

そんな僕なのに、何故家族に腹を立てられる?同等の立場だと思える?

声を張り上げることができる?ほんっと恩知らずとはこのことだ。

気持ちわるいなあああああ。

リスカしたら落ち着くのかなとも思うけど、リスカするぐらいなら死にたい。

 

こうしているとよく、病院の保護室を思い出す。

ああ、あそこは本当にいやだったけど、でも僕は出てきてもなおあの保護室の中にいるのと同じなんだ。

私は世間から隔離されているんだ。

 

私は世間に、世界に、周りの人に、大好きな人に、愛してる人に、何をしてあげられた?

何の利益を与えられた?何ができた?救えた?助けられた?伝えられた?

 

何にも思いつかないのだ。私はそれほどまでに無力だし、マイナスの存在なのだ。

資源を食いつぶす、金を食いつぶす。

お母さん本当にごめんなさい。まさかこんな子が生まれると思わなかったでしょうね。

こんなゴミを生み出してしまった自分をどうか恥じないでください。

私はあなたが生んで良かったと思えるような人になりたかった。

そうなれなくて本当にゴメンなさい。私に何ができますか。

ごめんなさい。それしか言えない。本当にごめん。生まれてきたのが私でごめん。

でもね、私も辛いんだよ。生まれてこなければ良かったと思うよ。

なんで私なんかを生んだのって、すこし恨むこともあったよ。

命なんかいらなかった。ほかの子に分けて欲しかった。

私みたいなゴミより、生まれてくるべき命なんていくらでもあったでしょ?

死にたい。死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい。

 

生きてることをずっと恥じている。

こんな私にお金や時間をかけてくれる人が居ることが残念だ。ごめんなさい。

もっと私みたいな人が親だったらよかったのに。むしろ生まれてすぐ捨てられれば良かった。

私には勿体無いぐらいの愛をもらった。

あの人もこの人もその人もそうだ。私なんかになんで生きろって言ったんだ。

それは私なんかに少しでも同情してくれたから、好感を抱いてくれたからに決まってる。

それを私なんかにやるぐらいだったら、もっとほかの人に分けてやってください。

 

自分に酔ってるような文章になってしまって本当に申し訳ない。

読んでくれた方が不快感を抱いていなければいいなと、願うばかりだ。

死にたさを埋めるには(脊髄でかいてる)

2/21

死ぬしかない。それにやっと気づいたのだ。

昨日買った紐と鋏を見つめていて思った。いざという時はこれを使って死のう。

自分にとっての死は、多分救いだ。

 

ファッションメンヘラを馬鹿にしていた時代が私にもありました。

ごめんなさい、お父さんお母さん。私は星になります

リスカをアピールと思っていた時代が私にもあります。

ごめんなさい、先生友達。私は海に帰ります。

 

みじめだ。非常にみじめだ。死にたい。死にたくて仕方がない。

世界で一番みじめな存在になっているような気がする。

私という存在をつくるために犠牲になった生き物、使われた金、資源、時間、手間

申し訳なくて仕方がない。ごめんなさい。土下座して謝るんだったら額にあざができるまで土下座します。ほんとうにごめんなさい。

 

今日も明日も私はゴミ屑

 

散々な目にあってしょうがない

2/20

今日は散々な日だった。思い出したくもない。

もう寝る。お休み。

大好き大好き殺したいって!

2/19

これは今週のカルテットのセリフだ。

あるキャラクターが、愛のある夫婦の末路について言ったセリフだ。

 

私も実はこれなのかもしれない。自分が大好きだから、自分を殺したいのかもしれない。

ずっとずっと、自分のことが大嫌いなんだと思ってきた。事実そうかもしんないしね。

自分が生きているという事実が耐え難いし、自分が他人だったら殺してるぐらい嫌いだ。

でも、それはただの思い込みで、実は私は私が大好きすぎるのかもしれない。

だから理想と現実のギャップにうちひしがれているのかもしれない。

私は私が思っている以上に完璧主義者で、それを自分にも求めて、勝手に自滅してるのだ。

馬鹿だよなあ、お前。

お前が思ってるほどお前は素晴らしい人間にはなれないし、可愛くはなれないし、愛されないし、死んでも誰も悲しまないし、誰もお前のことなんか構っても信じても優しくもしてくれない。

諦めろよさっさと。

お前はお前が愛するほど、大した人間ではないんだよ。

 

諦めの悪い人生だったなあと思う。いつだって私はしつこくて、そして嫌われた。

気持ちわるいのだ、私という人間は。本当に腹立たしい。

 

他人の悪い面しか見ない、粗探しをする、相手の気持ちを分かろうともしないクズ人間だ。

人のふり見て我がふり直せ。それが今の私はどうだろう。

 

最低だ。

あやまる。

あやまれば逃れられる。そう思って今まで過ごしてきた。

職員室の前で土下座をした。教室で土下座しろと言われた。トイレで土下座した。

屈辱とか、そういうものじゃなくて、怖いとか早く終わらないかなあとか

涙が止まらないかなあとか、授業間に合うかなあとか

かわいそうになあとか。

目の前のことはまるでテレビかなにかのようで、僕はただ脚本に従うように頭を下げた。

 

あやまることが、僕の唯一のできることでした。

「すみませんでした、許してください」

他人からしてみれば惨めだっただろう僕の姿は、僕の中では歩きスマホをする女子高生ぐらい見慣れたものだった。

あの頃の僕は、なんで生きるのにあんなに執着していたんだろう。

なんであそこまで普通になろうとしていたんだろう。

僕が追い求めていた普通は、他人にいとも簡単に壊されていくのに。

 

段々と頭がおかしくなった。休み時間になると真っ先にトイレにかけこんで、逃げることが続いた

あるときは号泣して過呼吸になって保険室に行ったりもした。

あの時死んでればなあ。

あの時生きることに必死になりすぎて、あの時になけなしの自己肯定感を、自尊心を持ち寄ってかき集めて守るのに頑張りすぎた私は

多分疲れてしまったのかもしれない。

 

生きていたくない。

申し訳ない。

ごめんなさい。

あの時殺していてくれればなあ。

 

申し訳ありません、ごめんなさい、すみませんでした。

2/17

この言葉たちほど便利なものはない。

どんなときでも使えるし、どんな感情でもこめられる。

ただこの言葉たちほど、重ねると軽くなっていく言葉もないと思う。

 

ただ申し訳ないと思った。許してほしいと思った。

いつも私はそうだ。気づいた時には時すでに遅し。なにもできなくなっている。

人の信用と、傷のない背中は、もう二度と取り戻せないのだ。

 

自棄。

今猛烈な自己嫌悪に陥っている。

なんでこう私は、人の好意とか善意というものを踏みにじってしまうんだろう。

 

もうなんか、何もかもがどうでも良い。いつもこればっかり言っているが。

僕は、周りに振り回されすぎているんだろうか?

人の一挙手一投足に、怯えすぎているんだろうか?

他人の文章を読むとき、どう思って、どう伝えようとして書こうとしたのか深読みしてしまう。そしてその結果、どうしても「嫌われてる」と思ってしまう。

ああ、今返信遅れたけど意味わかりづらかったかな。

ああ、この文章顔文字も記号もついてないから、何か起こってるか気分が落ち込んでるのかな。

ああ、誤字が多いから急いで打ったのかな。

そう思って考えて考えて考えて考え抜くと、いつも物事は悪い方向へ進んでいる。

 

自暴自棄とはよく書いた字だと思う。

自分を棄てると書いて自棄だ。自分が暴れると書いて自暴だ。

まさに私は自分を棄てて暴れている。

そうして良心の呵責に苦しんでいる。

信用してくれている人々に申し訳ない。私のためを思うすべての人に申し訳ない。

生きていてごめんなさい。

 

もう何もかも捨てて楽になりたい。そう思う。自棄である。

こんなゴミみたいな人生放り投げて、もう寝たまま起きていたくない。

死後の世界ってあるんだろうか。あったら、私は地獄にいくんだろうな。

あんなにひとに迷惑をかけて、それでもここまで生きてしまったんだから。

そんな私を支えているのは、前看護師にもらった言葉だ。

 

「死ぬのは許しません たとえ辛くても」

 

どんなに死んじゃいけない理由を説かれるより、たまに、「あなたが死んだら苦しい」とか、「理由なくおれが許さない」とか、そう言われる方が止まる時もある。

そして、そう言ってもらえることが、どれだけありがたいことか私にはよくわかる。

 

振り回されているといえばそうなのかもしれない。でも、私は、しんでほしくないと思った。自分があんなことしておいて虫のいい話だけど、それでもあの人に死んでほしくない、生きていてほしいと思ったのだ。

周りにはお前ができることなんて少ないし、放っておけと言われることもある。

でも、行動を起こすときはふらっとということを、私は知っている。魔が差すのだ。

だから、一回目しななかったから二回目しなないとは限らないし、三回目も四回目もそうだ。そこで、私が何もしなかったら。

わたしはきっと、一生後悔する。

助けを求める気持ちがわかるから、誰よりも助けたいと思う。

そう思うのだ。